兄嫁寝取ってパコパコ同居生活!~ おっとり人妻と孕まセックス~ 第8話 「ち○ぽが欲しくて我慢できないの!」おっとり人妻は自分から腰を振る淫乱妻に

兄嫁寝取ってパコパコ同居生活!~ おっとり人妻と孕まセックス~ 兄嫁寝取ってパコパコ同居生活!~ おっとり人妻と孕まセックス~

兄嫁寝取ってパコパコ同居生活!~ おっとり人妻と孕まセックス~ 第8話 「ち○ぽが欲しくて我慢できないの!」おっとり人妻は自分から腰を振る淫乱妻に もふまんじゅう

正樹くんの

ちんぽ様でしゅうっ♥♥

あああッ♥♥

このおちんぽじゃないと

もう満足できないんですぅっ

そうしたのは

正樹くんなのにぃっ♥

いじわるしないでぇっ

早くこの関係を

終わらせなきゃなのぃ♥

私なんてこと言ってるのぉ♥

正樹くんの雄ちんぽがぁ♥

強すぎるのがいけないのよおっ♥♥

毎日犯して

くるからぁっ♥

身体が開発されて

無理やりされて

悦ぶようになっ

ちゃったんだぁっ♥

おちんぽぉ♥

おちんぽ

しゅごいのぉ♥

ハハッ!

素直になって

きたなすみれっ!

くぅ〜おまんこ密着してきて

ちんぽ扱いてくるぅッ!

たまらねぇっ

兄貴まだまだ

帰ってこないようだし

一晩中種付けしてやるぞっ

ああッ♥

うれしっ♥

おまんこ♥

使ってくだしゃい〜

おッッ♥

どぷっっ

おッ♥

せーえきッ♥

ありがッ♥

ありがとうございまッ♥

しゅぅう〜ッ♥♥

くうううっ

すっげっ…締まるっ

搾り取られるぞっ

この変態マゾ女めぇ…

ザーメン注がれて

感謝してぇ…くっう

望み通り

俺専用オナホとして

使ってやるからなッ!

びゅ〜っ

びゅびゅ

あ〜ッ♥♥

うれしい

でしゅ〜ッ♥♥

……ん?

ちんこがむちむちした

感触に目覚めると

おはようございます

正樹くんっ!

にちゅ

にちゅ

すみれさんから

パイズリされていた

毎日朝立ちちんこの

精液搾り取るように

命じたんだが

ちゃんと忠実に守っている

パイズリなんて教えてないのに

どんどんエロくなってるんだが

おかげで朝だけじゃなく

一日中俺のザーメン袋

からっぽだわ

こんなこと自分から

するなんて

どうかしちゃってる…

これは命令だからっ…

しかたないの…

はぁっ…すごい濃い臭い

臭くてやだったのに…

なんでなのぉ…っっ

変な気分になってくるっ

どうですか

お気に召しましたか?

ああいいぞ

そのデカパイは

男を喜ばすしか

役に立たないんだから

もっと使え

ああッ♥

おちんぽ

固くなってきたっ♥

正樹くん気持ちいんだ♥

ふふ…なんだか嬉しいっ

イきそうですか?

スピード上げますねっ

ふっ♥ふっ♥

んっ♥

んぅっ♥

ああっ!

すみれさん

やばいってそれっ!

柔らかいおっぱいの

乳圧すごすぎてっ

汗と我慢汁がちんぽに

吸いついてきてっ

やめっ…

あっ…出ッ…!

イっちゃえ

イっちゃえ♥

くぅっ…

顔で受け

とめろッッ!

どぷっっ

ああッ♥

くっそぉ〜

あっけなくイかされた…

ん…?

こいつこんなまんこ

びしょびしょにして

パイズリしてたのか

ムワァ…

トロォ

ぐちゅぐちゅ

ひやぁッ

ビクンッ

な…なにしてッ…

まんこ寂しそうに

誘ってたからさ〜

こんなマン汁

撒き散らして…

わかる?

もうここ

すごいことに

なってるの

ぐっちょぐっちょいってるの

全部すみれさんのエロ汁だよ>

そんなわけぇっ…

はっ♥

はっ♥

はっ♥

あんまりにもエロいから

また勃起しちゃったじゃないか

……っ!

ああっ…

またおっきく

なって…っ

まぁ俺はイったばっかで眠いし

ちんぽ使いたいなら

好きに使えば?

……!

え…?

今日はこれで終わり?

いつも一回じゃ終わらないのに

なんで…今日はしてくれないのっ

目の前に

勃起おちんぽが

あるのにッ

これ入れたら…

ああッ…

わ…私なんてこと

考えて…

セックスだって

嫌々してるだけなんだから…

自分から入れて

しまうなんて…

それは…

どうしてなのっっ?

あそこが熱くて疼くのぉっ

ちんぽッ…!

入れたくて

たまらない…っ!

浩人さんのが大好きなの…

そのはずなのに…

裏切りたくないのに…

あ…なんで…っっ

強要するつもりは

ないって言ったじゃん

何どうしたの?

まさかヤりたいの

我慢してる

わけじゃないよね?

いままで

嫌々だったんだから

たしかに

嫌だったのに…っっ

無理やり

されてたのに…っっ

なのにっ

毎日犯されて

私変わっちゃったんだ

もう戻れないんだ

なら

もう自分に正直に…

↓試し読みはココから↓