異類婚姻譚

異類婚姻譚 ユキバスターZ / コドモビール

数年ぶりに郷里の土を踏んだのは…父の訃報を受けた後だった………。マコトが故郷を離れていた間、父の世話をしてくれていたのは狐娘の志津だった。志津に話を聞けば、父は志津を自分の嫁にと考えていたらしい。若く可愛らしい容姿に惑わされたのは否めないが、自分の父親の面倒をみてくれていた志津を無下にもできず、嫁に迎えることにした。異種族との新婚生活、不安が無いわけではなかったが、それはすぐに払拭された。この志津という狐娘は実に働き者であった。洗濯、掃除、食事の用意、そして……夜の世話も……

↓試し読みはココから↓