叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 黒猫スミス / お稲荷さん

夏の休日、家族に連れられ叔母・恭子の家に遊びに行く事となった幸平。5年ぶりに会った叔母は幸平の幼い頃の記憶のまま、美人で優しく想い描いた通りの人だった。ひとつだけあの頃と違ったのは、幸平が叔母から女の色気を感じていた事…思春期真っ盛りの幸平の目には叔母は『オンナ』として映っていた。その欲求が募ってか、間違えて飲んでしまったアルコールに酔った幸平はそのまま叔母を押し倒してしまう。幸平の押しに負け、手コキと言う形でその場を乗り切る叔母だったが、それが幸平の初射●となり、そこから旦那や親に隠れての、叔母と甥っ子の禁断の性教育が始まるのだった…。

1話 僕の叔母さんは艶っぽくて色っぽくて

2話 初めての射●は叔母さんの手コキ

3話 俺!もう全部知ってるから!

4話 懇願されて困惑…1回だけだよ?

5話 叔母さんのナカ温かい…あ!出ちゃった!

6話 サルの様に何度も何度も!いっぱいナカに…

7話 おマ●コ広げてあげるから、早く挿れなさい

8話 小屋で内緒のハメまくり!その時、夫が扉を…!?

9話 叔母さんの負けよ。何度でもヤらせてあげるから

10話 夫とはご無沙汰なのに、甥っ子とはこんなに…

11話 ゴム付けてるし、少し締め付けてあげようかな

12話 安全日過ぎてるからナマは駄目だって!

13話 これですんなり挿れれるから…

14話 そこまでしていいって言ってないでしょ

15話 何回出したら硬いの治まるのよ…

16話 全部クチの中に出しちゃってね

17話 寝ているダンナの横で…

18話 甥っ子相手に…何イッテんのよ…

19話 私…最低の女かも

20話 出すときはちゃんと外に…

21話 何で中に出しちゃうのよ~

22話 そこの穴ちがっ…

23話 こんな事どこで覚えてきたのよ

24話 最初はキスからね

↓試し読みはココから↓
叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて